腰痛が原因で運動ができなくなってしまったことで実感した幸せ


バスケで腰を痛めたことがきっかけで自己管理の大切さを学んだ

私は幼い頃にバスケットボールを始め、夢中になって練習を行っていたのですが、ある時から腰の痛みを伴い始めそこからはしばらく痛みが消えなくなってしまいました。

それからは、病院に通い治療を受けながらバスケの練習を行っていました。

しかし、腰の痛みというのは想像以上につらく、私の場合ある動作をした時に大きな痛みが一瞬来るような腰痛だったため中々集中することができなくなっていきました。

少しの間練習をやめることになり、腰痛を治すことに専念したのですが、スポーツをしているときだけではなく日常生活の中でも痛みは出てきてしまいます。

例えば、物を拾おうとしてしゃがむ瞬間、他にも階段を上がるときに足に力が入りすぎてしまうと痛みが走ることもありました。

私は幸いにも一ヶ月ほどで痛みは少しずつましになっていき半年もすればほとんど忘れることが出来る状態にはなっていました。

しかし、この時の腰痛で感じたことがありました。

一つ目は、自由に走り回りスポーツをすることの嬉しさと幸せです。

実際、腰を痛めるまでスポーツをするなんてことは当たり前に感じていましたし、何にも考えていませんでしたがこの時に初めてスポーツをする喜びではなく『できる』喜びを感じました。

その後足のケガなどもあったのですが、私にとって腰痛が一番初めに体験したものだったのでこの喜びは大きなものでした。

当たり前に感じていてはいけないこともあるんだと感じた瞬間だったんだと今でも感じます。

二つ目は、自分のことをもっと知ることが必要だなと感じました。

正確にはその当時に感じたわけではなく、大人になってから思い返して感じたのですが、自分の体の状況を把握しておかないといけないと思いました。

怪我の名前を知ってただ治すだけではなくそれに至るまでの予防や対策だったり、心構えを変える必要があると思いました。

当時は、怪我をしても日常生活に影響して終わりでしたが、今怪我をしてしまうと仕事に影響してしまう可能性が大いにあると感じました。

趣味として今でも時々しているスポーツですが、同じように考えていてはいけないなと感じています。

もちろん、怪我だけではなく病気も同じで食事などを少しでも管理していき、自分を管理することが大事だなと思います。

現在は、腰痛が再発することなく生活することができていますし、もうあの痛みは感じたくないと思っていますがあの時の痛みがあったからこそ分かったこともあったんだと感じています。

長年の腰痛との付き合いで学んだ、日常生活の中での腰痛に対する取組み

腰痛持ちになったのは中学生の時で、それから20年以上もこの病気と付き合うこととなってしまいました。

完治が難しい腰痛をこれ以上悪化させないように取り組んできたことを紹介します。

現在、接客関係の立ち仕事を1日8時間くらいしているので、腰痛が日常生活にそこまで影響を与えていないと思われますが、辛いのは朝起きるときの痛みです。

夜中に姿勢が固まっているようで、いざ動かそうとした時に痛みが走ります。

そんな時は動けるようになるまでゆっくり待ちます。

起きたらお風呂に入って、身体をきれいにするのと同時に血流をよくするようにしています。腰は冷えすぎないように気を付けています。

仕事をする時に気を付けている点は、太ももから動くことです。

前かがみになって10kg程度の荷物を腕の力で無理やり持ち上げたら腰痛が酷くなると思われるので、膝を曲げて腰を落として荷物を持ち上げるようにしています。

慣れると素早く動けるようになります。

同じ業種の人たちを見ると腰痛持ちの人が大変多く、コルセットを巻きながら仕事していたり、いたたたっと声を出しながら働いている人が多いです。

働けなくなると困るので、そうならないように気を付けています。

筋トレをしすぎるとこれも腰痛を酷くする要因なのであまりできません。

ただ腹筋と背筋のバランスを整えないと、姿勢に影響が出て結果腰痛が悪化するので、簡単な筋トレはしています。

寝室にベッドがあるので、頭から腰までをベッド外に出して足はベッド内に置きます。頭が床に垂れた姿勢になるので、そこから頭を床と水平になるまで持ち上げる背筋トレーニングです。

10回やると腰が痛くなるのでそこまでにします。

1日2~3回腰の様子を見ながらやっています。

もうひとつは、壁に手をついて腕立て伏せの要領で腕の曲げ伸ばしをすることです。

腕より腹に重点を置くことで腹筋トレーニングとしています。

これも1日2~3回やってます。

いっぱいやれそうと思っても次の日あたりに痛みが強くなるので、できる範囲の維持目的で筋トレはしています。

病院は今の段階ではよい医者に巡り合っていないので通院していません。

知人でヘルニア手術を進められてやったが痛みがもっと強くなり歩くのも大変になったという話を聞き、レーシック手術と同じでまだ医者も模索している段階なんだろうなと思いました。

手術法が確立され過渡期になったら、通院して医者の意見を聞きたいと考えています。

外見から見て分かる病気ではなく周りの同業者も同じように腰痛なので配慮もされませんが、働けなくなったり歩けなくなったら大変なので、この病気と今後も上手く付き合って悪化させないようにしていきたいです。

10代の頃から腰痛!4回のぎっくり腰を経験してわかったこと


10代の頃から腰痛に悩まされてきました。

10代、20代前半は痛みがあっても勢いと体力で何とかなっていたように思います。

本格的に酷くなってきたのは30歳になったばかりの頃でした。

丁度その頃、転職をして新しい職場に店長として働き始めた時でした。

ずっと飲食店で働いてきたので仕事の内容は全く問題ありません。

ただそれまでと違うのは店長という責任ある立場だということです。

スタッフ教育、スケジュール管理、お客様対応、売上管理などなど。

今までに味わったことのないプレッシャーでした。

また職場はカフェで朝7時から夜21時までやっています。

準備、片付け作業を含めると6時から22時までとかなり長い時間になります。

その時間全てに居るわけではないのですが長い時では15.16時間は当たり前でした。

最初の半年は気が張っていた事もあり特に身体の変化はなかったのですが、常に立ち仕事のため腰にはかなりの負担はかかっていたと思います。

そしてある日の朝、オープン準備で納品された食材を冷蔵庫へしまっていた時、空になった箱を持ち上げようとした時でした。

猛烈な痛みが全身を襲いました。

そしてそのまま全く動かずその場に倒れこんでしまいました。

アルバイトが出勤してくるまで30分間、立ち上がる事もできませんでした。

あたりまえのことができない!初めてのぎっくり腰で経験した屈辱

タクシーで病院へ行くと、ぎっくり腰との事です。

それから1週間は地獄のような日々でした。

信じられないことに本当に何もできません。

ただ立って居るだけなら何とかなるのですが、何かを取ろうとすると激痛、少しでも前かがみになると激痛。

シャワーで髪を洗う事も容易ではありませんでした。

大袈裟ではなく、1mmも曲がらない感じです。

やっと寝れると思えば寝る時も地獄のです。

寝返りがうてないのです。

一番屈辱的だったのは、パンツが履けないということでした。

私は一人暮らしだったため、助けてくれる家族がいません。

誰かに手伝ってもらうことができないのです。

長い棒にパンツをくっつけて何とか履いていました。

その姿は、、本当に情けなかったです。

ぎっくり腰は筋肉の炎症が原因なの絶対に温めてはいけません。

医者からそう言われたので毎日毎日ひたすら冷やし続けました。

2週間が過ぎる頃には徐々に痛みも引いてきて少しづつ動けるようになります。

医者からは身体を柔らかくしなさいと言われるので、直後はストレッチをしたり姿勢を気をつけたりするのですが完治すると全くやらなくなってしまいます。

そしてまた忘れた頃にぎっくり腰になっていました。

私は合計4回やっています。

よくぎっくり腰は癖になる、、といいますがその通りです。

カイロ、整体、針、お灸、マッサージなどなどやれる事は殆どやりましたが

結局はその場限りなのです。

そしてわかった事は、常日ごろから適度な運動をして腰回りに筋肉をつけるということ。

ストレッチをして身体を柔らかくしておく事。

あと、姿勢は本当に大事だという事です。

もう2度とあんな思いはしたくないと、今では毎日お風呂あがりにストレッチしています。

本格的でなくていいと思います。

ちょっと身体に気を使ってあげる、、それが大切なんだと思います。

ストレッチを始めてからは腰痛に悩まされることもなくなりました。