腰痛のためにダイエットしたいけど、ダイエットが原因で腰痛になってしまう


40を過ぎるとしょうがないのであろうか、腰痛に悩まされる事が多くなります。

弟やほかの友人達も軒並み腰痛持ちで、ぎっくり腰になった人も何人かいるのですが私はそこまでなったことがないですが、毎日のように腰が痛くなるようになりました。

椅子に長時間座っているだけなのに反射的に腰を何度か叩くわけです。

太っている事と運動不足がそれに輪をかけているのでしょう。

先週からはひどくて、起きるとき等は布団からすぐ起きる事が出来なくなりました。

まっすぐ起きられないので少しづつ少しづつ横を向き、起き上がる体制を作り七転八倒しながらゆっくりと起きなくてはいけなかったぐらいです。

しかしながら昨日、今日は割と調子はいいからこれはなぜだろうと疑問に思ってしまうのですね。

予想するに、腰が悪い上に寝相が悪くて寝返りをしたときに(腰がよわっているから)筋肉を傷めてしまうのでしょう。

適度の体操とダイエットが欠かせないと思っているのですが、そんな単純なものでもないような気もします。

なにより、一番腰を痛めたときがダイエットした時と運動を始めた時なんですから、経験的にそれらはダイエットの辛さと一緒に怖い雰囲気すら持っています。

自分なりに、理屈を考えてみました。

ダイエットをするときは概ね食事制限するから筋肉がまず痩せるわけです。

そこで、食事制限を補完するためにも筋肉増強のためにも運動が必要なんですが、これが弱っている腰の筋肉に大いに影響してくるんじゃないかと思います。

それだったら、もっと軽い運動にすればいいじゃないかという理屈になるのですが、準備運動のラジオ体操ですら辛く思えてしまうほどでもう始末に負えません。

それにしても、20代ぐらいまではこんなの運動のうちに入らないと思っていたのですがね。

腰痛を解消するためにダイエット!自分なりのやり方を模索中

それでもやはり運動は欠かせないと思い、なるべく近くのスーパー等は歩いて行こうと考え今週から実行しています。

あとなるべく腰を痛めないように敷布団の上に腰に当たる位置にクッションを入れるようにしました。

これでだいぶ違いますし、シップより効果があるみたいです。

お風呂に入る時も、今までは湯船に入る時間は極めて短く、洗うときはシャワーを多用してたのですが、ゆっくりと入って温まって寝るようにしてます。

もちろんこれらは、やはり抜本的な解決策にはならないと思います。

まず腰への負担を減らすための体重を落とすことはしなければならないからどうやって行うかはいま思案中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です