一人暮らし男性は必読!自分に合ったベッドを見つける方法


みなさんにとってベッドとは、どのような場所でしょうか。

それぞれ多少の違いはあると思いますが、多くの人が一日の疲れを癒す大切な場所ではないでしょうか。

そこで今回は一人暮らし男性のベッドの見つけ方を書いていきたいと思います。

一日の疲れをしっかり癒やしてくれるベッドを見つけ出そう!

1.ベッドのサイズ

まずベッドのサイズを考えてみましょう。

ベッドのサイズはメーカーにより様々ですが、大別するとセミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キングの6種類になります。

ベッドの幅はセミシングルが約80cm〜90cmで、一つサイズが上がるに従って20cmずつ大きくなるイメージで考えて貰えればよいです。

なので一般的な男性ならばシングル、大の字で寝たいと言う人はセミダブル、体格の良い大柄な男性ならばダブルを選ぶと良いでしょう。

2.部屋の広さと収納

ただ多くの方が部屋の広さと荷物の問題を抱えていると思います。

そのせいで「自分に合った大きさのベッドを置けないよ」と言う声も多く聞こえてきそうです。

その場合は、ベッド下の収納を広く取ってある商品や、ロフトベッドを選んで、収納スペースを確保することで、自分好みのサイズのベッドを置けるようになると思います。

3.ベッドの価格と機能性・デザイン性

続いてベッドの価格ですが、安いものなら何千円から、高いものなら何十万円もします。

「やっぱり高いものが良いのかな」と考える人も少なくないと思いますが、それは、正解でもあり不正解でもあります。

やはり何千円のベッドよりも、何十万円のベッドの方が、良質な素材を使ってることや有名なメーカーが作っていて機能性やデザイン性が高いと言う点は、良いベッドで正解かもしれません。

ですがそのベッドが、自分の身体や部屋のデザインに合うとは限りません。

適当な価格でも、自分に合う商品は絶対にあります。

購入の際は、実際にお店に足を運び、一度試しに横になって寝心地を確認し、自分の身体と相談しながら、デザインが部屋にマッチするのかをイメージすることをお勧めします。

そこで気に入ったものがあれば、その場で購入するも良し、商品をネットで検索し、ネットショッピングで買うのも悪くないでしょう。

ただし自分の財布との相談も忘れないようにしましょう。

最後に…

長い文章を読んでいただいてありがとうございます。

今回は、これから一人暮らしを始める男性がベッドを選ぶ際に、少しでも参考になればと思い記事を書きました。

ですがここに書いたことが全て正解とは限りません。

これを見た方が、自分なりのベッド選びの正解に辿り着き、最良の癒しの場所となることを願っています。

それでは皆さん良い夢を…おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です